ただの厄介もの

私自身そばかすが多くあります。子供の頃は日焼けすることに特に気にすることもなく、日焼け止めを塗らずに海にも行っていました。
妊娠中に皮膚科に行く事があり、皮膚科医に「赤ちゃんが生まれたら直接日光に当てないように。

昔は日光浴は大事とされていたけど、今は皮膚がんになってしまうから気をつけてね。」と言われたので、赤ちゃんが生まれる前から赤ちゃん用の日焼け止めを準備していました。
実際子供が生まれてからは、紫外線が強くなる季節から必ず日焼け止めを塗るように心がけています。

その甲斐あって、そばかすは本当に少しある程度です。そばかすが全くないとはいきませんが、日焼け止めをこまめにしていればそばかすを防げると思いました。

そばかすが出来てしまう事はしょうがない事だと思います。実際小さい頃からそばかすはあり、何も気にせず生活してきましたが、高校生頃からそばかすを気になり始め、大人になってからいかにそばかすを隠すことができるか、という考えに変化していきました。
お化粧しても、そばかすはきれいに消えません。

ママ友もそばかすが多くあり、お化粧できれいに隠そうと一生懸命なようです。
そばかすは小さい頃はかわいいとか、元気なイメージですが、大人になるとそんなイメージはなく、ただの厄介ものです。小さい頃から紫外線対策をしっかりしておけば良かったと後悔しています。
そばかすぐらい…と思わないで、小さいころから子供のそばかすも美白対策などをしっかりした方が良いと思います。